スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

世界の平和がまだ遠い

今年になって、一度も投稿していませんでした。
(時間経つの早い・・・)

私たちの世界って、
 
地球の裏まで、数日間で物資を届けることができる
物流システムがあって、

世界中の人と、無料でコミュニケーションがとれる
情報システムがあって、

けっこう高度になっていますけど、

じゃあ、なぜ、世界中から貧困や飢餓が無くならないのでしょう?

紛争や戦争が 消えないのでしょう?
    (むしろ紛争が激化して、悲惨になっている)

私たち人類は、もっと無制限に
しあわせになれる力を持っていると思います。

でも、なんでいつもこうなのでしょうね?

私たちを縛り、能力を消耗させ、
自由の翼を奪っているもの、
 
そのひとつに 「おカネ」というものがあると
私は確信しています。
 
 
 


スポンサーサイト
平和 | 2015-04-02(Thu) 00:12:10 | トラックバック(-) | コメント(-)

集団自衛権から徴兵制へ

集団自衛権が認められれば、
 
当然、
自衛隊に入る若者が減る。
 
となると、
次は 徴兵制ですね。

  
 
 

平和 | 2014-06-29(Sun) 00:29:04 | トラックバック(-) | コメント(-)

サッカーに浮かれている場合ではないですね。

国際的な軍事企業にとって戦争/紛争は
重要なビジネスモデルです。

だからアメリカは年間50兆円という軍事予算を組み、
約3年に一度、世界のどこかで
紛争を起こし、兵士を送っています。
そして、そのたびに数千人のアメリカ兵士が死んでいます。
犠牲になるのは若者なんです。
 
いま、日本にも、それに参加するように
要請してきています。
しかし、どんな理屈をこねようと
これに日本の若者を参加させるなんて、
キチガイ沙汰です。
 
もともと日本はこんなことには加担しないように
なっているのですが、
集団自衛権の解釈がどうのこうのと、
なんかヤバいことが進んでいるのです。
 
このタイミングでの
サッカー騒ぎは ちょっと心配。
安倍ちゃんは、マメにマスコミ幹部と
会食を続けています。
だから、マスコミはこれから、サッカー一色、
集団自衛権のことを小さく扱う可能性が大きい。
 
 

平和 | 2014-06-15(Sun) 16:37:54 | トラックバック(-) | コメント(-)

愛と平和のために敵と戦う?

「愛 と平和の ために 敵と戦う」 
このフレーズと論法を使えば、
「愛と平和」という言葉を
戦争に結びつけることができます。

このフレーズは、映画やアニメ、漫画などなどに
よって、私たちの脳裏に刷り込まれています。

このフレーズをつかった論法を聞いたときに、
脳の電気信号が刷り込み回路に流れます。
なんとなく、もっともらしく聞こえるわけです。

でも、一方で「悲惨な戦争は絶対にイヤ」
という意思があれば、刷り込みを
迂回できると考えます。
それができない人は、
有事の際に戦争を肯定してしまいそうで、
私は怖いです。

 

平和 | 2014-05-21(Wed) 12:05:10 | トラックバック(-) | コメント(-)

シリア攻撃に反対

アメリカ軍によるシリア攻撃について。
攻撃がはじまれば、たくさんの一般人の命が奪われるでしょう。

こんなことは、絶対に反対です。

しかも・・・
 
アメリカの軍事費に何兆円も貢いでいるのが日本。
(米国債の購入のことね)

アメリカ軍がシリアを攻撃するときの爆弾は、
日本人のおカネでつくった、と表現することもできます。
そんな爆弾がシリアの子ども達に降り注ぐなんて、
それは絶対にいけません!!
 
このままでは、私達の税金で、シリアの国民が殺されることになってしまう。
  

イラクに大量破壊兵器がある、といって、
イラクを攻撃したのを思い出します。
結局、大量破壊兵器など無かった。
単なる侵略の口実だったわけ!

今回はシリアが舞台になっています。


 


平和 | 2013-09-02(Mon) 21:08:30 | トラックバック(-) | コメント(-)

「はだしのゲン」 リバイバル

「はだしのゲン」
売れまくっているようです。


私は、どんな作品なのか知らなかったのですが、
今回の騒ぎでよくわかりました。

戦争を仕事としている人たちにすれば、
「はだしのゲン」は
都合の悪い書物ですね。

だから 隠蔽したかった・・・

でも、かえって注目を浴びてしまった・・・・

  
言論封殺が 裏目にでました。
  
騒ぎを大きくしてしまったことによるオウンゴール、
   
残念でしたね(笑)

日本人は
「ぜったいに戦争をしない」
と心に強く決めているのですから。



平和 | 2013-08-27(Tue) 22:12:44 | トラックバック(-) | コメント(-)

北朝鮮の行動が腑に落ちません

もう12月ですね。 早い!
いま話題の北朝鮮について、ネットのニュースで読んだことや人から聞いたことなどをタラタラ書いてみます。
 
北朝鮮が韓国を攻撃し、死者が出ている件。最近 菅ちゃんが比較的に元気なのだそうですね。 いつも蚊帳の外でぼーーっと眠たそうにしてた菅ちゃんですが、今回の一連の騒動に関しては、おそらく「上」から明確なご指示がきているのでしょう。生き返ったように活動しているそうですよ。 (私は直接見てないから知りませんが)

アメリカの後ろで こそっと、北朝鮮を批判してみたりしてるようですが、日本は武力を行使しないと国家として毅然とした態度で独自に北朝鮮に対しクレームをつけていいのではないでしょうか? それこそ、日本の政治家が大好きな言葉「説明責任」というものを北朝鮮に求めるのが筋でしょう。 他国を爆撃するにはそれなりの強い理由が存在しているべきですし、本来、そのような暴挙は許されるものではありません。 それこそ、強烈に「説明責任」を北朝鮮に求める、この姿勢をまずは一番にするべきです。

脱力したのは、朝鮮高校授業料無償化について「手続きを停止するよう、私から担当大臣に指示した」と言うものです。 なんでこういう弱者をいじめることを優先してやるのかなあ?
順番が違うんですよね。 まずは、北朝鮮に対して、説明を強く求めるべきです。

不自然なのです。やることが、まるで、日本国内において、北朝鮮関係者と相互の信頼関係をぶち壊すようなことがばかりやっています。 まるで、北朝鮮との対立構造を強化するために一連の騒動があるのではないか、そのような路線上で様々な指示が菅ちゃん他、政府に届いていて、それを一生懸命に実行しているのではないか。現在、日本の政治の最高権力を握っている人々はみんなアメリカ軍関係者の指示待ちで動いているのではないか。 そんなことを考えてしまうのです。
 
 北朝鮮、韓国、中国、日本、というのは少なからず同じ血が流れていると思います。 まあ、日本は島国なんで ちょっと隔離された雰囲気はあるでしょうが、もともとは陸続きであって、今の日本人全員の祖先は、すべて朝鮮や中国から移動してやってきたわけですから、民族が違うという区分けや、民族間対立はほとんど意味をなさないと思います。
大昔からいろいろ戦った経緯がありますが、いまは情報がすばやく伝達できる時代です。お互いに正確な情報をベースに対話交渉をすれば、大きな対立や混乱が起こることはあり得ません。とにかく一連の騒動は不自然。その後の対応も不自然です。

 他国に攻撃するということは、重大な問題です。これは周辺国がいっせいに問題解決に乗り出すべきですし、本来そうなるはずです。
しかし、北朝鮮という国は、なぜか突如として暴挙を行うキャラクターとして国際社会で「認知」されています。 なぜか事象の詳細が明らかにされないことが多いですし、またほとぼりが冷めたころに同じことを繰り返しています。こんなことがそもそもあり得ない。不自然なことです。北朝鮮は、他国と遮断された国であるかのごとくイメージづくりされ、だから不穏を動きするので、手に負えない、という印象でしょうが、実際には各国と技術交流も盛んに行われいるようですし、都市部はそれなりに近代化され、西洋化されているようですよ。ああああ不自然。

不自然さが 重なれば重なるほど、国際的な軍産金融事業体が、いかに各国に戦略的に力を及ぼしているかが、わかります。 かなりバレバレな気もします。 証拠はないのでしょうが、でも、いくらなんでも ここまでやり過ぎると、おかしいなあ、と思う人や 腑に落ちないと感じる人が増えてくるのが当然だと思います。
 
だいたいこれだけ、複雑な日本社会を掌握してコントロールしている国際的組織の皆さんが、「いや~、ほんとに北朝鮮はやんちゃで手が焼けるんだよね~」なんて、そんな状況で手をこまねいているはずがありませんよね。 彼らにとって、アジア諸国はチェス盤の上に並んでる駒みたいなものでしょう。 対立も対話も全部シナリオ通りなんじゃないかな、と思います。

そう考えると、アホらしくなりますが、いろいろ心配してもしょうがないので、

「世界が1日も早く平和になりますよ~に~」とお花畑にいるつもりで、お祈りでもしましょうかね(笑)
  
 
 

平和 | 2010-12-02(Thu) 22:13:01 | トラックバック(-) | コメント(-)

戦争の最大の抑止力は

平和を望んでいない連中が存在するようです。
戦争が好きで、それをビジネスとして生きている連中です。

彼らを政治や経済の重要なポジションから引きずり降ろすことが最大の抑止力だと思います。

みんなが平和をのぞむ気持ちと ささやかな行動の積み重ねが大切ですね。

以上。 (〃´o`)=3

 今日は短い・・・・
 
 いま夏まつりのチラシを作成中なので、投稿するつもりじゃなかったのですが、抑止力のことをひとこと書いておきたかったので。
 
   
 


 





平和 | 2010-08-24(Tue) 23:48:16 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

沖縄に基地はいらない!福岡市民集会

沖縄の基地が 「日本のため」というのは デタラメです。
沖縄の基地というのは、ベトナム、イラク、アフガンなど、アメリカがそれらを侵略するための準備基地といっても過言ではないようです。
新聞もテレビも 核心を報道していません。権力に迎合し真実を報道することができないでいるようです。

軍備施設も原発も、巨大な権力がうごめいて、多くの命を犠牲にして、成立しています。日本という国は本来であれば、世界に平和を発信してなければならないのに、巨大な権力がそれを歪めています。世界はそれに気付いているようです。でも肝心の日本人が、平和ボケして、そのことに気づきません。

以下呼びかけをお読みください。そして、ご賛同くださる方は、情報拡散お願いします。

【転載歓迎】

4・24 沖縄に基地はいらない!福岡市民集会
講演:伊波洋一・宜野湾市長

 昨年の総選挙で民主党・鳩山代表は「普天間基地の移設は最低でも県外だ」と主張し、沖縄のすべての選挙区で当時の自公政権に反対する候補が当選しました。これを契機に「普天間の県内移設反対」の声が急速に高まり、名護市では「辺野古に新基地をつくらせない」ことを公約した稲嶺進氏が市長に当選しました。また沖縄県議会は「普天間基地撤去・県内移設反対」を全会一致で決議し、4月には超党派で10万人規模の県民大会も予定されています。
 しかし、鳩山首相や平野官房長官は「アメリカにも沖縄県民にも理解が得られる案をつくり、3月中に候補地を絞り込み、5月には移設先の結論を出す」として、「キャンプ・シュワブ陸上案」を軸に移設候補地を決めようとしています。政府は移設先探しに躍起になっていますが、候補地ではどこでも強い反対に直面しています。
 そもそもアメリカ海兵隊は日本を守る「抑止力」なのでしょうか? アフガニスタンやイラクで多くの人々を殺戮し、沖縄で多大な基地被害を出し続ける米軍に多額の税金をつぎ込むことは許されることなのでしょうか? 普天間基地は「移設」ではなく「閉鎖と撤去」以外に問題の解決の道はありません。

 このたび、普天間基地を抱える地元・宜野湾市の伊波洋一市長を福岡に迎え、講演会を開催することとなりました。伊波市長は就任以来一貫して米軍基地の撤去を訴えて、沖縄県民の先頭に立って奮闘してこられました。伊波市長とともに、「いかにして基地を撤去し、平和な沖縄、平和な日本を創っていけるのか」皆さんとともに考えていきたいと思います。

講師:伊波 洋一(いは・よういち)さん
   沖縄県宜野湾市長
   http://www.city.ginowan.okinawa.jp/2633/182.html
日時:2010年4月24日(土) 開場13:30 開会14:00
集会終了後、会場から天神までピースパレードを予定
会場:福岡市民会館 小ホール
    http://www.fukuoka-civichall.jp/access.html
福岡市中央区天神5丁目1番23号(須崎公園・県立美術館となり)
西鉄バス「市民会館前」下車/地下鉄・西鉄「天神」駅より徒歩約15分

入場料:500円(高校生以下無料)
主催:沖縄に基地はいらない!福岡市民集会実行委員会
 呼びかけ・連絡先:
  沖縄とむすぶ市民行動・福岡
   TEL 090-1364-2261(木下) E-mail okimusu@fukuoka.nifty.jp
   福岡市東区舞松原5-27-25 おかもと小児科クリニック気付
   ホームページ http://kshibata7.cocolog-nifty.com/okinawa/

【転載終わり】




平和 | 2010-04-18(Sun) 18:32:30 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

戦争に使われる私たちのお金

 多くの人が 戦争など やめるべきだ、と思っているはずですけどね。 それが止まらないのですよ。私がいろいろな人から聞いたところによりますと、日本人が「知らず知らずのうちに」世界の紛争を金銭的に支援している事実があるようです。戦争の最大のスポンサーが 私たちだというのですから、驚きです。
 
そんなバカな・・・ と思います。
あくまでも「知らず知らずのうちに」です。
  
 私たちは銀行に預金をしています。銀行は私たちから預かったお金を運用します。利益の出やすい国債などを買うのだそうです。(私はあまり金融のことは知りません)そして、それが巡って、アメリカ国債となり、それが アメリカ軍の軍事費になっているようです。赤字のアメリカに軍事費を捻出する力など全くなく、アメリカ国債購入という形で日本と中国が資金を提供しているから、年間何十兆円という軍事費が維持できるわけです。 
 
 そして、そのお金によって、たくさんの爆弾が世界中で炸裂しています。イランの子供たちに降り注ぐクラスター爆弾は日本人がせっせと働いて貯めたお金でつくられていることになります。日本がアメリカ国債を買ったお金は、実質的には、日本に戻ってこないと言われています。ということは、日本人が世界中の爆弾の資金を「提供」しているのに等しいのです。
 
 私は、この話を2年前に聞いたときに、理解することができませんでした。最近少し理解できるようになりました。銀行の社員でも、仕事をこなしている中で、こういうことを意識している人は少ないでしょう。「知らず知らずのうちに」なのです。だから罪の意識など感じないですむのです。銀行にお金を預けることが戦争を支援している、などと普通、誰が考えるでしょうか?
  
 私たちのお金が軍事関連にわたってしまうパターンは他にもあります。 税金から拠出される軍事費です。いま、北朝鮮がロケットを発射したことを口実に、その対抗策として日本の軍備増強を図ろうとしている勢力がいます。核を持つことも妥当性がある、と主張している勢力もいます。この勢力は 特殊な過激派などではありません。大物政治家や財界人たちを含む勢力です。彼らは多くの国民が戦争や軍備増強に難色を示していることをしっています。が、それをどうすれば軍備増強という世論に誘導できるか、それを真剣に考えていると思われます。
 
 爆弾をつくったり、防衛兵器を配備したりして得をするのは誰か?それは官僚、政治家、爆弾や兵器をつくっている企業、マスコミ、そして、軍事基地の経営に携わっているものたちです。彼らにとって、日本の預貯金がアメリカ軍事費に流れ、世界中の紛争地帯に爆弾を落とすことや、日本の税金が防衛兵器増強に使われ、軍事基地の拡大に使われることが望みなのです。

 きっと多くの人々が、関わっていることと思います。しかし、関わってしまったら最後、もう抜けることはできません。だから、彼らに 「行動や考えを見直せ」と言っても無駄です。私たちが やるべきことは、銀行にアメリカ国債を買わせないこと、アメリカ国債につながるような資金運用をしている銀行から 預金を引き上げ、地域のためにお金を使う ろうきんや 信用組合や NPOバンクなどにお金を預けることです。そして、同時にやることは、いまの現状を周辺の人に遠慮せずに話すこと。軍備増強を 支持している政治家を 選挙で落選させることです。
   
 
手前味噌ですが・・・・ 福岡には「もやいバンク福岡」というNPOバンクがありますので、こちらへの預け入れもよろしくお願いします・・・
こっそり宣伝(;^_^A 


平和 | 2009-06-01(Mon) 23:11:47 | トラックバック(-) | コメント(-)

ちょっと音楽を♪忌野清志郎

RCサクセションのビデオをYouTubeから。

まず、最初のビデオは、2曲分あります。

♪サマータイムブルース
♪ラブミーテンダー

歌詞は思いっきり、気持ちいいくらい、原発反対になっているので、1988年、東芝EMIはこの曲が入っているアルバム「Covers」を発売中止にしています。(;^_^A
でもすぐに他の会社から販売されました。 よかったよかった。     




 

同じく、「Covers」の収録曲 ジョンレノン作の♪イマジンです。
 




先日、「Covers」を注文しちゃいました♪
 




平和 | 2009-05-29(Fri) 22:46:58 | トラックバック(-) | コメント(-)

私がユニセフをきらいなわけ

私は以前、ユニセフに毎月寄付をしていました。

しかし、2001年のことでした。

ブッシュ大統領が イラクを攻撃すると宣言したときです。

そんなことをすれば、多数のイラクの民間人が殺されてしまいます。
当然、子供もたくさん、死んでしまいます。
(実際に、100万人の人が犠牲になっているのです!!)

私は、ユニセフに 電子メールを送りました。

ブッシュのイラク攻撃を やめさせてくれ、という内容でした。

しかし、ユニセフから戻ってきた回答は、
のらりくらりした内容で、今となっては、どんな内容だったかも
忘れてしまいました。イラク攻撃を肯定するかのような
文面にもとれました。

そして、間もなくイラク戦争がはじまり、
すぐに
ユニセフから「子供たちを守るために緊急援助を」という
要請がきたのです。

根本的な問題である紛争を抑えることをしないで、
紛争が起こったら、みんなから金を集めて、
対処する。 こんなことをユニセフは繰り返して
いるように思えてきました。

ユニセフの 正体を見た気がしました。

すぐにユニセフから登録を抹消してもらいました。



平和 | 2009-05-01(Fri) 20:26:41 | トラックバック(-) | コメント(-)

【再掲載】気に入ってます。~我が窮状~沢田研二



続きを読む>>
平和 | 2008-09-27(Sat) 21:21:24 | トラックバック(-) | コメント:(0)

植草一秀さんのブログです。



続きを読む>>
平和 | 2008-06-04(Wed) 23:54:37 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

また、悪法ですか・・・



続きを読む>>
平和 | 2008-05-15(Thu) 22:55:50 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

民主党で「9・11に関する勉強会」



続きを読む>>
平和 | 2008-02-23(Sat) 13:12:19 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

NHKの国会中継から



続きを読む>>
平和 | 2008-01-10(Thu) 21:49:26 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

愛の地球憲章



続きを読む>>
平和 | 2007-11-23(Fri) 00:00:34 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界まるみえ

15日夜の 世界まる見え特捜部  で  

「9/11の タワー崩壊は、テロではなく、爆破によるもの」

という検証番組が流れました。 これはうれしいことです。

テロは存在しなかったということです。 アメリカの自作自演。
 
 
事件のとき、BBC放送がミスを犯しました。
まだ壊れてない 第7ビルを
「第7ビルが倒壊しました」と放送してしまったのです。
おそらく、テロを演出するために、BBCも報道部分を
担当していたと思われますが、 
気合が入りすぎて、「先に言っちゃったのです」!!!

これが、番組で紹介されていたのは、とてもよかったです。

また、貿易センタービルに事件直前に 多額の保険金が
かけられ、 事件後、オーナーが保険金として
約9000億円の保険金を受け取ったことも紹介されました。
 


しかし、以下の点に番組は全く触れませんでした。


・事件現場で救助作業などにあたった、消防士、警察官に
 癌による死亡、白血病が続出していること。
      ( 核兵器が使われた疑惑)

・ビル崩壊による犠牲者の 遺体 約1500名分が
  蒸発している点。
      ( 核兵器が使われた疑惑)
 
・第7ビルには、FBIや証券関係の重要施設があったこと。
    (大掛かりなインサイダー取引の証拠隠匿目的のビル崩壊)
 
・そもそも、これがテロでないとなったのなら
  じゃあ、誰が犯人なのか?
  これだけ大掛かりな事件を演出した集団は誰なのか?
     (国家ぐるみの事件である可能性)

・アフガンやイラク侵攻の大義名分は どうなるのか?
   (たくさんイラクで死んだ民間人は・・・・)
 
・テロリストとは、断固戦うとし、事件の直後
  支持率を 90%まで上げたブッシュ大統領
    (選挙目的であったという疑惑)

・ついでに、
   ブッシュのイラク戦争を世界で最初に支持した
   小泉はいったい・・・・ 


放送時間15分では、
ちょっと消化不良ですけどね。 
 
ただし、この放送。 何か裏がありそうな気もします。
なんで、いまごろ、こんな放送をしたのか、
日本のメディアは、アメリカの圧力を受け、
これまでずっと911の核心には触れずに隠してきたのに・・・・・

しかも、これから、同様の手口で 「イラン戦争」を仕掛ける
大事なタイミングで・・・・

将来的には、日本でも同様の手口で
「日中戦争」を引き起こそうという話も聞きます。
 
 
・・・何かあるのではないか・・・・・
例えば、 自作自演であることを認め、
  核兵器使用の疑惑を 煙に巻く とか・・・・
  
  
それとも、ネットからの批判が相次ぎ、日本テレビが心を入れ替えたの
でしょうか?
 
ついに、目を覚ましたのか・・・・・  そう思いたい!!!!



↓映像では、これが一番すごいので紹介しときましょうかね・・・・
  いちおう。   でも、 3時間20分ありますので・・・・(笑)

これを全部見れば、あなたは通です。

http://video.google.com/videoplay?docid=-3859363222910740882&hl=en



続きを読む>>
平和 | 2007-10-16(Tue) 18:23:14 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ウルトラマン・ジャパ~ン

9月11日といえば、やはり、
アメリカのテロですよね。痛ましい事件でした。
 
自作自演テロだそうですから、
被害者の方は、浮かばれません。
母国アメリカに裏切られたのです。
家族は誰を訴えていいのかもわからないし、
下手なことをしたら、殺される。
なんて国になってしまったのでしょう・・・
   

さて、今日の日に、本をご紹介します。
 
タイトルは、
「日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ
  ~ 9.11テロ捏造 ~    」
 
なんか大変なタイトルですが、
ようは、アメリカが総力をあげて取り組んでいる
陰の活動をわかりやすく解説してある本です。
また、日本の政治家が子分として一生懸命頑張っている姿も
わかりやすく書かれています。 
読みやすいですよ(*^。^*)   気持ち悪くなりますが・・・・(笑) 

作者は、ベンジャミン・フルフォード。 ちゃんとした人です。(笑)
 
作者は、日本人に対し「もっと目を覚ませ!!」
と本の中で「喝」をいれてます。
くだらないメディアを見ずに、 事実を見て欲しい!と。
 
 
作者は、
「日本は世界を変える力をもっているので
アメリカのいいなりになるのをやめて世界のウルトラマンになってくれ!」
 
とも書いてます。

ということで、

新しい、ウルトラの兄弟誕生

「弱気を助け、 悪をくじく   ウルトラマン・ジャパ~~ン  」
 
シュワッッッ !!! \(o|o)/ 

平和 | 2007-09-11(Tue) 20:04:43 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © Cozy Life All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by Cozy
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。