スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ドイツのエネルギー戦略について:日本国官僚の会話



若手官僚 : 先輩、あの~~。
         ドイツって原発やめるんですか?

先輩 :  知らないのか?  そんなの常識だよ。
       ドイツって2001年に、「脱原子力法案」ってのを
       成立させて、
       自然エネルギー普及に力を入れてるんだよ。

若手官僚: ふ~ん。 すごいですね。 
       よく、そんな法案が成立しましたね。
       日本じゃ考えられませんよ。

先輩:   政府が電力会社を押し切って決めたらしい。
       それを後押ししたのは、原発廃止を望む国民の声だったらしいよ。


若手官僚:  へ~。 ドイツ国民って迫力ありますね。

先輩  :   自然エネルギーの発電量を全発電量に対して  
        2010年までに 10%にするらしいぞ。
        で、2020年までに 20%にする目標らしい。

若手官僚: 大した数字じゃないですね。

先輩   :  まあな。 自然エネルギーなんて、格好はいいけど。
        そんなにうまくはいかないよ。

若手官僚 : え~っと、10年で倍のペースって戦略ですね。
         だから・・・
        2030年で 40%   2040年で80%・・・・
        じゃあ、2045年頃には、100%ですね。
        火力も廃止ですか・・・。


先輩:   な、何いいいい!!!!! (ガーーーーーン!!!!) 

      そ、そういうことか・・・・ 
      ドイツにすれば、
       2045年には、原発、火力は過去の技術になってて、
       ドイツは、そこまで読んで、目標を決めてるのかもしれん。
 
      まずい・・・・・・
      世界のエネルギー市場にドイツが進出してくるぞ。
      日本も早く、予算強化して、自然エネルギー開発を
      加速しないとドイツに負ける・・・


若手官僚: 普及という点では、既に相当な遅れをとってますからね。
       どうしましょう。
       大臣か首相に新技術開発予算の見直しを提言しましょうか?


先輩:  無理だ・・・
      彼等に日本の将来のことなんか考える暇はない・・・・・
 

 

注: この会話はフィクションです。 私の妄想です。(*^_^*)





もし、よろしければ、↓これをクリックして
応援よろしくお願いします。

FC2ブログRanking     ブログランキング
みなさんのクリックでポイントが加算され、ランク付けされます。
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © Cozy Life All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by Cozy
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。