FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

死刑制度の廃止には賛成できません

「死刑制度について どう思いますか?」

という質問を受けることがあります。

結論を先に書きますと、
私は、「死刑制度の廃止」に賛成しません。
死刑制度を残して欲しい、という考えです。

でも、「死刑執行は凍結して欲しい」と考えています。


私が死刑制度について、こうなったらいいなあ、と考えていることを順番に書きます。

(1)死刑制度の存続
   死刑制度が無くなるのは不安です。
   あまにも残忍で、かつ再犯の可能性が極めて高い場合など
   最高刑として死刑が存在する重みはあると考えます。

(2)死刑執行の凍結
    今の裁判制度では十分に審議されたか不安です。
    また、不当な取り調べによる冤罪の可能性があります。
    ですから、死刑執行を凍結します。

(3)取り調べにおける冤罪防止措置
    (可視化などですね)

(4)死刑犯罪者の再審査

(5)死刑執行をせざるを得ないような犯罪者をなぜ
  社会が生み出したのか、その点をみんなで猛反省。
 
(6)社会全体が犯罪を未然防止できる力をもつ。

(7)最終的な目標として、殺人者がゼロになる。
   
以上です。
 
死刑制度の廃止ではなくて、「死刑執行の凍結」
という表現になります。


いろいろと補足してみます。


まず死刑に反対してらっしゃる人は、なぜ反対なのでしょうか?
「人が人の命を奪うのは許せない」ということでしょう。他にも反対する理由があるのかもしれませんが。これが一番大きな理由ではないでしょうか。私もこの点については、もちろん賛成です。

では、死刑が廃止になることで、人の命が大切にされるようになるでしょうか。私はそう思いません。
 
日本では毎年1300件の殺人事件が起きているそうです。殺人犯によって、多くの尊い命が奪われています。
私としては、殺人事件の犠牲者の命の数の方が気になります。

死刑制度が廃止される、ということは、たとえば何百人という人を殺しても、その犯罪者は死刑にならないのです。
その犯罪者は、その後も刑務所で人を殺すかもしれません。

命の尊さの観点からの議論なら、そこには、犯罪に対する更生とか再犯しないという強い姿勢がベースになければ、前提に無理があります。命の大切さを理解できず、他人の不幸におとしめる人物に対して、第三者が命の尊さ論を持ち出しても、説得力はありません。
   

死刑制度が存在することが問題ではありません。
殺人を犯すような人物を社会がつくりだすことが問題です。

殺人を犯すほどの状況に至るには、必ずなんらかの前兆があるはずです。それを見逃さずに対応すれば、事件を未然に防ぐことは夢ではありませんし、そのような社会をつくっていくことは本来私たち共通の目標であるはずです。社会の一員として、同じく社会を構成する民衆の中に、命の尊厳を理解できず、他人の命を奪ってしまうような人物が存在するを危機感を持つ必要があるのではないでしょうか。そして、そのような人物に対して、何らかの対処をできる地域社会が本来の社会ではないでしょうか。 死刑執行は社会全体が反省すべきことです。しかし、根源は、そのような殺人犯を未然に更生させることができなかった地域社会に問題があると思います。死刑制度を廃止することを最初の目標とすることは、何の意味ももたないと考えます。 
 
「人が人の命を奪う」 死刑もそうですが、犯罪としての殺人も同じです。殺人とは、まさに 人が人の命を奪うことです。人が人の命を奪うことが問題だと考えるなら、死刑廃止を論じるよりも、犯罪としての殺人を撲滅する議論の方が先ではないでしょうか。

別の観点として、
殺人犯といっても、冤罪で無実の罪をきせられている可能性もあるので、それを死刑にしてしまっては冤罪をはらす機会を奪うことになり、これは重大な人権の侵害だ、という意見もあると思います。
冤罪で無実の人が犯人とされるのは、大きな問題です。これは、警察や司法の問題です。冤罪が起きないように取り調べの可視化が急務だと思います。 死刑制度廃止よりも とても重要なことだと思います。
       
いろいろ書きましたが、
以上のことを再度整理すると、先に書きましたとおり、私の考えでは「死刑制度の廃止」よりも
(1)~(7) のことが重要だと考えます。


死刑制度の是非というのは、私のエコ仲間の中でも意見が別れるくらいであり、難しいテーマです。
 
しかし、自分なりに考えて整理してみることは勉強になるし、有意義なことだと今回思いました。
皆さん、ここに書いた観点も取り入れて検討をお願いします。
  

さて、     
関係あるようなないような話になりますが、私が 大好きな本に、「1日3時間しか働かない国」というのがあります。

ここで書かれている社会は、あくまで架空の社会であって、実在するものではありませんが。ここでは、刑務所も、死刑制度も存在しません。犯罪が発生しない 仕組みがあります。

社会全体が それくらいのレベルになれば死刑制度など根本から不要になります。
 
ついでです。命の尊さを考えるのでしたら、これを考えずにはいられません。以前にも書きました。 日本では毎日6000万人分の食料を輸入しています。そして、毎日3000万人分の食糧を廃棄しています。

世界では、年間1400万人の人が餓死していると言います。(数字は少し違うかもしれませんが)

日本が世界から買いあさって、ゴミにしている食料について、どうせゴミにするくらいなら、最初から買いあさってくるのをやめればいいに。そうすれば年間1400万人の餓死がかなり減ると思います。

殺人犯の命も大切ですが、毎年 殺人事件の犠牲になる千数百人の命や、世界中で餓死する人の命のことも重大です。命の尊厳が社会の中で軽視されています。 関心が薄くなっています。 そのような社会が構成されていることが問題です。
 

  
 

政治 | 2010-08-20(Fri) 23:06:45 | トラックバック:(0) | コメント:(1)
コメント
民主党を象徴する外国人参政権及び夫婦別姓を推進する極左翼・千葉景子は、幸い落選した。
これは、死刑反対の千葉景子法相が神奈川県民から受けた“死刑判決”。
菅直人総理は死刑囚を法相として政権内に温存する。
死刑反対の法相が2人だけ処刑したが、まだ100人以上が未処刑のまま。
独身の変人・千葉景子の個人的な判断を裁判所の判決よりも優先させてはならない。
2010-08-21 土  19:07:08 |  URL | 左巻き菅 #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © Cozy Life All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by Cozy
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。